結婚と家族

さて、バッホーフェンの原始乱交制と原始母権制の理論は、その後の人類学にふかい影響をあたえた。
多くの学者たちが彼の学説をうけつぎ、発展させた。そして、ちょうどダーウィンが下等動物から高等動物にいたる生物進化の過程を考えだしたように、
バッホーフェンとその継承者たちは、原始期の乱交制の段階から文明時代の一夫一婦制の段階までの一系列の社会進化の過程を説明したのであって、
そのような意味で、主として一九世紀後半のこれらの学者の人類学説は、「進化主義」とよばれているのである。

この進化主義学派の人類学者たちのなかで、もっとも重要な働きをしたのは、かの有名なモルガンであった。
彼が一八七七年にあらわした「古代社会」という書物は、当時彼が手にいれることができた原始民族についてのあらゆる人類学上の文献をつかいこなし、
もっとも原始的な段階からギリシャやローマの古代文明社会にいたるまでの原始時代の社会史の全体を体系的にあとづけたもので、その後の人類学界では古典として仰がれている本である。
しかも、この書物について特徴的なことだが、乱交制から一夫一婦制にいたるまでの結婚と家族の発展があとづけられるぱあい、
モルガンはおもに親族の名称をその拠りどころとしたのであって、単なる思いつきとはちがって、彼の学説には彼なりの一応の客観的な根拠があったのである。
「親族名称」というのは、『父』とか『母』とかいうように、親族の間柄にたつ人為をその親族の関係によって言いあらわす言葉であるが、
モルガンは、原始的な未開民族のあいだに、この親族の名称法の奇妙な慣習がひろく存在していることを発見したのである。
結婚に悪いイメージを持っていても、一歩踏み出してください!から結婚相手を探せば、
あなたに合った探し方も探せるので不安や悩みも解決してくれるサービスを見つけられます。

すなわち、わたくしたちのもとでは、叔母を『母』とよぶことがないし、また甥を『息子』ということもなく、親族においてことなった関係にたつ人々は、
それぞれ別だの言葉で言いあらわされているのであるが、多くの未開民族のもとでは、たとえば従兄弟をも『兄弟』とよんだり、
甥をも『息子』といったり、また叔父をも『父』と称したりするというふうに、
本来はことなった親族の間柄である者たちをとくに区別せず、一緒くたに、一つの言葉でよぶという慣習があるのである。
モルガンはこの奇妙な慣習に気づき、それを「類別式」の親族名称と名づけ、
これにたいして、わたくしたちのもとでのごく当りまえの親族のよびかたを「記述式」の親族名称という術語でよんだのである。

FF029_L

結婚形態論のはじまり

以上のようなバッホーフェンの考えかたが、当時の世間や学界にたいして、いかに戦傑的な驚きをあたえたかは、容易に想像することができよう。
自分たちのはるか昔の祖先たちがあさましくも(はくちゅう) 畜生の(ちくしよう) ように白昼に公然と、
相手かまわず性的な関係をむすんでいたという光景は、結婚をほかならぬ「秘蹟」(サクラメント)の一つとして、
神の恵朶たもう一つの恩寵として厳粛に考えていた人々にとっては、とうていおしはかることもできなかったにちがいない。
ましてや、そのような色慾にくるう畜生道(ちくしようどう) が神為の思召しにほかならないのだと説くにいたっては、人々の常識からすれば、
気ちがい沙汰としてしか考えられなかったかもしれない。

しかしながら、バッホーフェンの学説は、その説の当否についてはともかくとして、
結婚についての「旧約聖書」的な考えかたを完(かんぷ) 膚なきまでにはげしく攻撃し、
結婚や家族の歴史についての学問を神々の支配から解放させたという点において、きわめて重要な意義をもっているといえよう。
コミュニケーションは大切です。結婚相談所 選び方 ←で、出会った結婚相手であってもコミュニケーションが出来ていないと幸せな時間は長くは続きません。

かくして、いまや、父権的な一夫一婦制的結婚以外のさまざまな結婚と性関係のありかたを、
歴史的に探ってみようという気運が、ようやく社会科学のなかで芽生えることになった。
結婚の形態、結婚の歴史が、学問的な仕事としてまじめに研究されることになったのである。
そしてそのぱあい、学者たちがもっとも大きな関心を示したのは、やはり、人類のもっとも原始的な段階において、
バッホーフェンが説いたような乱交的な性関係があったのか、それともまた、
旧約聖書にえがかれたアダムとイヴとの結婚のように、一夫一婦的な結婚がすでに存在していたのか、という問題にたいしてであった。

FF042_L

結婚という制度

この習俗は、のちにくわしく検討をくわえられるが、原始的段階に乱交的性関係がいとなまれていたのだという考えかたにとっては、
まことに恰好な材料をなすものであった。というのは、その一時的な性的な乱痴気さわぎが、原始時代の乱交のなごりだとみなされなくもないからだ。
バッホーフェンや彼につぐ一九世紀の多くの人類学者たちも、たしかに、このよう考えた。

しかし、バッホーフェンたちは、この習俗が、ほかならぬお祭りのときにおこなわれるという点を、ことのほか重くみた。
というのは、お祭りのときをえらんで性的なご乱行が演ぜられるというのは、
そのご乱行が、あたかも神を祭るために奏せられる舞楽とおなじ意味をもっているからではなかろうか、と解釈されたからである。
恋愛と結婚は違うところが多いですので、出会い系 サクラいない ←ここで出会った素敵なパートナーをよく見極めましょう。

そこで、、ハッホーフェンたちは、つぎのように考えたのである。すなわち、元来、性的な乱交は、「神の徒(おきて) 」にしたがうものであった。
ところが、のちに人間は結婚という制度を考案して、性関係を特定の夫婦の間の排他的な関係に制限してしまった。このような結婚は神の命令にそむいたもので、
それゆえ、神の徒をおかした罪を、人灸は何らかのかたちであがなわねばならないと考えられた。
祭礼のさいに、一時的にせよ乱交的な性関係を神の御前でとりむすぶのも、人々がかように神々の定めた乱交の徒をおそれ、自らの罪をつぐなうためなのだと。

FF045_L

結婚の排他性

ところで、このバッホーフェンの母権論において注目される点は、娼婦制という語でよばれた原始期の乱交の状態を、
彼が動物的な交尾の状態として承とめていたということである。彼はこんなふうに説明している。
「実存の最低の段階では、人間は、完全に自由な性的混清の象ならず、性交の公然性をも示している。
人間は動物に相似て、特定の一女子と持続的に結合せずに、衆人環視のうちで、自然の衝動を充足するのである」と。
大学教授や裁判官は、えてして、庶民にはわかりにくい、むずかしい言葉づかいを用いるものだが、
ここでパッホーフェン判事どのの申されていることは、わかりやすく言えば、こういうことだ。
すなわち、人間は、もっとも原始的な段階では、定まった男女の間で固定した性関係をいとなむのではなく、
よい相手とおもえば、ただちにそれと交わり、別の相手がよいとおもうとただちにそれと関係し、
しかもその性交渉が、ちょうど動物園のおりのなかのサルが金網ごしに人間のみているのもはばからずに交尾するように、
白日(はくじつ) のもと、衆人環視のうちで、いとなまれるというのだ。
ここを読んだら、これからここ→で、出会う相手と上手に駆け引きができますね。

動物的な交わりこそ神の思召し

しかも、驚くべきことに、原始人たちは、このようなまさしく動物的な乱交の状態こそが、神々の思召しにそうものだと考えていたというのだ。
では、いったい、どんな根拠があって、このようなだいそれたことを、バッホーフェンは言うのだろうか。

彼がこのぱあいに根拠としているのは、結婚の制度とむすびついてあらわれるいくつかの乱交的な習俗である。
たとえば、祭礼のさいに結婚の排他性が一時的にやぶられ、妻帯の男であれ、夫もちの女であれ、寡夫であれ寡婦であれ、独身の男女であれ、
すべての成年男女が、いかなる拘束にもしばられず、好きな相手をえらんで性的な放埒(ほうらつ) にふけることができるという奇習である。


FF047_L

一定の結婚の関係

アフロディテ女神は、いうまでもなくヴィナスのギリシャ名である。愛と美の女神である。この
第一の段階の「娼婦制」(ヘテリスムス)という語の「ヘテーレ」とは娼婦のことであり、それゆ
え、売淫を想いおこさせる言葉であり、また、他面、娼婦制は一定の結婚の関係を前提としたものであるが、
さきにのべたように、バッホーフェンは、この言葉によって、男女間のおおらかで制限のない性の享楽、
つまり、乱交的な性生活をあらわそうとしたのである。女神デメーテルは、大地と穀物豊饒の(こくもつほうじょう) 神であるが、
この女神によって象徴される第二の段階は、第一の段階と同じように母権制の段階である。そして乱交的な関係がまだ跡をとどめているが、
すでに結婚の制度がつくられており、性関係にたいして制限がもうけられるにいたっている。
そして、アポロ神によって象徴される第三の段階では、乱交的な関係はまったく跡をたち、結婚における夫婦の排他的で独占的な性関係が確立するのである。
相性が合う結婚相手を出会いがない でみつければ、夫婦間に問題が生じて解決するためにここに書いたような大変なことをしないで済むかもしれません。

この発展段階の考えかたにおいてはっきりと示されているように、バッホーフェンは、第三の段階である古代文明社会における「父権制」にさきだって、
第一と第二の段階において、これとは原理のうえでまったく対立する「母権制」が存在していたのだと考えたわけである。

FF048_L

結婚・家族のありかた

だが、ダーウィンの生物進化論は、たんに、「旧約聖書」的な人類創造の伝説をうちやぶったばかりでなく、
人類のもっとも原始的な結婚・家族のありかたをきわめる上でも、きわめて重要な意義をもつものであった。
というのは、もし人間がサルと同じ起源に発するものだとしたら、原始期の人類も、
サルやその他の動物で象られるような乱雑な雄と雌の交わりをいとなんでいたと、考えられなくもないからである。
そして事実、「種の起源」が出版された二年あとに、人類の〃尊厳性″にとってもっとも忌わしいこの考え方が、
以前に論ハーゼル大学でローマ法の教をつとめたことのある一人の裁判官によって、堂女と発表されたのである。
すなわち、一八六一年に、バッホーフェン判事は、かの有名なる「母権論」をあらわし、
人類のもっとも原始的な段階では、彼が「娼婦制」という不適切な言葉で言いあらわそうとした乱交的な性生活がいとなまれていたと主張したのだ。
恋愛と結婚は違うところが多いですので、結婚相談所 比較 ←ここで出会った素敵なパートナーをよく見極めましょう。

◇ハッホーフェンは、原始社会の発展を、つぎの三つの段階においてあとづけた。

第一の段階==アフロディテ女神で象徴される「娼婦制」の段階。
第二の段階==デメーテル女神で象徴される「女人政治制」の段階。
第三の段階==アポロの神で象徴される「父権制」の段階。


FF032_L